ギリシャで大規模デモ

 ギリシャ議会で15日、欧州連合(EU)側から求められている構造改革の関連法案の審議が行われる中、採決に反対する大規模な抗議デモが行われ、参加者の一部が暴徒化して治安部隊と衝突するなどしました。

 この日のデモには1万人以上が参加。一部の参加者が火炎瓶や石などを投げたことから、治安部隊は催涙弾などで応戦、50人以上が拘束されたという事です。

 ギリシャは国際通貨基金(IMF)への返済期限だった6月末までにEUからの援助を引き出せず、遅滞国となっていました。これを受けてチプラス首相は、金融支援の条件として欧州連合(EU)などが示した構造改革案を受け入れるかどうかを問う国民投票を行うと宣言。5日に行われた投票では、構造改革案受け入れに反対する意見が6割を超え、緊縮策に反対を唱えていたチプラス首相は勝利宣言。ギリシャのデフォルト、ユーロ離脱は時間の問題とみられ、ギリシャの銀行は資金が不足、預金の引き出し制限が実施されるなど社会は混乱しました。

 所が、国民投票の結果を受けて強気の交渉を行うとみられていたチプラス首相、EUが求めていた増税や年金削減の構造改革を受け入れ、EU側も支援に合意。

 支援合意はいいとして、チプラス首相は一体何がしたかったんだろう?、と世界中が思っているでしょうね。緊縮策撤廃を掲げて政権を取り、国民投票まで行って緊縮策を拒否。その国民投票でも勝利したのに、結局EUの要求を受け入れている。国民投票でEUから妥協を引き出そうとしたけど、EUが突っぱねて諦めた、のでしょうか?。