ギリシャで大規模デモ

 ギリシャ議会で15日、欧州連合(EU)側から求められている構造改革の関連法案の審議が行われる中、採決に反対する大規模な抗議デモが行われ、参加者の一部が暴徒化して治安部隊と衝突するなどしました。

 この日のデモには1万人以上が参加。一部の参加者が火炎瓶や石などを投げたことから、治安部隊は催涙弾などで応戦、50人以上が拘束されたという事です。

 ギリシャは国際通貨基金(IMF)への返済期限だった6月末までにEUからの援助を引き出せず、遅滞国となっていました。これを受けてチプラス首相は、金融支援の条件として欧州連合(EU)などが示した構造改革案を受け入れるかどうかを問う国民投票を行うと宣言。5日に行われた投票では、構造改革案受け入れに反対する意見が6割を超え、緊縮策に反対を唱えていたチプラス首相は勝利宣言。ギリシャのデフォルト、ユーロ離脱は時間の問題とみられ、ギリシャの銀行は資金が不足、預金の引き出し制限が実施されるなど社会は混乱しました。

 所が、国民投票の結果を受けて強気の交渉を行うとみられていたチプラス首相、EUが求めていた増税や年金削減の構造改革を受け入れ、EU側も支援に合意。

 支援合意はいいとして、チプラス首相は一体何がしたかったんだろう?、と世界中が思っているでしょうね。緊縮策撤廃を掲げて政権を取り、国民投票まで行って緊縮策を拒否。その国民投票でも勝利したのに、結局EUの要求を受け入れている。国民投票でEUから妥協を引き出そうとしたけど、EUが突っぱねて諦めた、のでしょうか?。

 膝の黒ずみ ケア

マイヤ・プリセツカヤさん死去

 20世紀最高のバレリーナと称されたロシアのマイヤ・プリセツカヤさんが2日、心臓発作のためドイツの病院で死去しました。89歳でした。遺骨は遺言により散骨されると言う事です。

 マイヤ・プリセツカヤさんは、1943年に国立モスクワ舞踊学校を卒業し、ボリショイ・バレエに入団。アンナ・パヴロワの代表作「瀕死の白鳥」や、、「白鳥の湖」のオデット/オディール、「眠れる森の美女」のオーロラ姫を当たり役としましたが、ユダヤ人である事を理由に差別も受けました。

 1960年にガリーナ・ウラノワが引退すると、ボリショイ劇場のプリマ・バレリーナ(首席バレリーナ)に任命され、65歳でボリショイ劇場のソリストから引退するまで活躍。1994年からは、自身の名を冠したマイヤ・プリセツカヤ国際バレエコンクールの審査員長を務めていました。

 プリセツカヤさん、大変な親日家だったそうです。来日回数は40回を超え、2003年には宝塚歌劇星組公演「王家に捧ぐ歌」の振付を担当。2006年には第18回高松宮殿下記念世界文化賞の演劇・映像部門を受賞し、2011年には日本のバレエに対する貢献が認められて旭日中綬章を受賞しました。

万引き防止に顔のデータ共有

 全国の主要な小売業団体で作るNPO法人「全国万引犯罪防止機構(万防機構)」は、防犯カメラがとらえた「万引き容疑者」の顔データをスーパーや書店などで共有する方針を検討しているそうです。

 現在顔認識システムを導入しているスーパーでは、万引きなどが疑われる人物の顔を登録し、来店したら警備室の警報が鳴り、行動を監視するようになっています。5年ほど前から国内で導入が始まったそうですが、多くの施設や管理会社では導入について公表しておらず、客に知らせずに使用しています。

 現在登録された画像データは、系列の店舗でのみ使われているとみられますが、万防機構の方針は、それを系列や業種を超えて共有しようというもの。なにしろ万防機構によれば、万引きによる被害額は年間4600億円にも達し、小売店にとっては死活問題と言うわけです。

 しかし、顔の画像は個人情報でもあるわけで、その扱いは微妙な問題をはらみます。誤認された場合の危険性や、外部流出の危険性なども考慮しなければならない課題でしょう。

「進研ゼミ」23人分情報持ち出し

 ベネッセホールディングス(HD)の17日発表によると、取引先の元契約社員の男が、同社の展開する通信教育サービス「進研ゼミ」の顧客23人分の個人情報を社外に持ち出していたそうです。

 個人情報を持ち出したのは、昨年3~8月頃にベネッセの電話相談窓口の受託企業で当時契約社員として働いていた男性。パソコンで閲覧した名字や電話番号(一部の人は住所なども含む)を紙に書き写して持ち出したという。警察が男を別件で逮捕した際、所持品から発覚したもので、持ち出された個人情報には未成年者の情報もあったが、すでに回収され、同社は流用された可能性は低いと説明しています。

 ベネッセでは昨年7月上旬に、契約社員のSEが大量の顧客情報を持ち出していた事が発覚、社会問題化していましたが、今回判明した情報の持ち出しはその最中に起きたことになります。ベネッセは「事態を重く受け止めている。情報管理体制についてさらに向上を図る」としています。

城崎勉を逮捕

 警視庁公安部は20日、インドネシアの日本・アメリカ両国の大使館が襲撃された1986年の「ジャカルタ事件」で、アメリカから強制送還された日本赤軍メンバー城崎勉容疑者(67)を殺人未遂と現住建造物等放火未遂容疑で逮捕しました。

 逮捕容疑は1986年5月14日、ジャカルタのホテルから日本大使館に向けて爆発物を発射した上で、証拠隠滅のため時限式発火装置を仕掛け、部屋を燃やそうとした疑い。日本赤軍では7人が海外逃亡を続けており、公安部は城崎容疑者の逮捕を機に、組織の実態解明を進めたい考えです。

 城崎勉は徳島大学入学、共産同赤軍派に参加。軍事革命の資金を集めるために金融機関を襲うM作戦に関与したとして逮捕され、懲役10年の刑が確定して府中刑務所で服役していました。しかし、1977年に日本赤軍が日航機をハイジャック、人質を取って城崎勉らの釈放を要求。日本政府の超法規的措置で釈放され、日本赤軍に参加。その後、国際指名手配され、1986年5月にジャカルタのアメリカ大使館と日本大使館にロケット弾が発射され、カナダ大使館前の車が爆破された、いわゆるジャカルタ事件に関与。1996年9月23日、潜伏先のネパールで偽造旅券容疑で拘束され、ジャカルタ事件の容疑でアメリカ合衆国に移送。裁判では懲役30年の判決を言い渡されていました。

 「ダッカ事件」の超法規的措置で出国してから約38年、遂に城崎勉容疑者が日本で法の裁きを受ける時が来ました。

米倉涼子結婚

女優の米倉涼子(39)が26日、2歳年下の会社経営の男性と入籍しました。

お相手は「ホットペッパー」などの情報誌を手掛けたリクルートの元社員で、2年前に独立。米倉とは2012年8月に手つなぎデート、2013年12月にお泊まりデートが報じられていました。

前日25日発売の「週刊文春」の同棲報道に対して、米倉の所属事務所は「交際していると聞いています」と説明して同棲を否定、結婚の予定も「ない」としていました。米倉は、所属事務所と複数のCM関係者に結婚を報告。妊娠はしておらず、仕事は続けるという事です。また、挙式の予定はないそうです。

米倉涼子は、オスカープロモーション所属の女優で元ファッションモデル。1992年に第6回全日本国民的美少女コンテストの審査員特別賞を受賞し、翌年モデルとしてデビューしました。1995年にはファッション雑誌 『CanCam』 専属モデル。1996年、「ユニチカ」水着キャンペーンガール、「キリンビール」キャンペーンガール。1999年6月30日に「女優宣言」を発表して以降は女優として活躍。主演を演じる『ドクターX外科医・大門未知子』シリーズは、最高視聴率27.4%を記録する人気シリーズになっています。

エボラ熱死者7000人に迫る

世界保健機関(WHO)のエボラ出血熱感染に関する最新集計によると、西アフリカのギニア、リベリア、シエラレオネの3か国で感染者が1万6169人となり、うち死者は6928人に達したそうです。

リベリアの死者は4181人、シエラレオネは1463人、ギニアは1284人。死者は2日間で1200人以上増えていますが、このうち1100人以上がリベリアでの増加分。リベリアで急増したのは、過去の死者の中から死因がエボラ出血熱だったことが新たに判明した人数を上乗せしたためで、感染の勢いの劇的な変化によるものではないという事です。

エボラの流行は一向に収束しません。近隣の国への感染も続き、新しくマリで6人の感染が確認され、全員が死亡しています。また、11月24日にはイタリア人医師の感染が確認され、帰国後、ローマ市内の国立感染症研究所で治療を受けています。

21日にはWHOのマーガレット・チャン事務局長、国連のパン・ギムン事務総長、世界銀行のジム・オン・キム総裁らが今後のエボラ出血熱対策について会合を行い、「流行の終息はまだ遠い」としながらも、「現在の対応を加速し続けることができれば、来年の半ばまでに感染の拡大を封じ込めることも可能だ」と発表しました。

グーグル、検索結果を完全削除へ

日本人男性がインターネット検索の世界最大手「グーグル」の検索結果で人格権が侵害されているとして削除を求めていた裁判で、東京地方裁判所がグーグルに削除を命じた仮処分決定を受け、グーグルは22日、「裁判所の決定を尊重する」として、削除命令の対象になった122件の表示を完全に削除する方針を明らかにしました。

この男性は、自身が犯罪行為に関わったとする情報がグーグル社の検索結果に表示される事を不服として、同社に検索結果からの削除を求めて提訴。東京地方裁判所は今月9日、男性が犯罪行為に関わったとする記述を含む237件の検索結果の表示のうち、122件について「素行が著しく不適切な人物との印象を与え、人格権を侵害している」と判断してグーグル側に削除を命じていました。
しかし、決定後も122件のうち一部が表示されたままになっていたため、男性側は21日、「検索結果の削除が不十分」として、制裁金の支払いを求める間接強制を申し立て、これを受けてグーグル社が完全削除する方針を表明したものです。

台湾のモスバーガーも下水油使用

日本のハンバーガーチェーン「モスバーガー」を台湾で運営する現地法人は13日、廃油などを使った違法油を主力のモスバーガーなど5商品で使用されていたことが判明したと発表しました。日本への違法油の輸出は確認されていないため、日本の商品は問題ないとみられます。

台湾では、高雄市の食用油製造企業が廃油などの再利用油をラード(豚脂)に混入して全土に販売していたことが判明。食品衛生当局は、食品大手を含むラードの購入先235カ所を公表していました。

廃油などを使った再生油は「「下水油」と呼ばれ、中国でも以前から社会問題化していますが、台湾での摘発は約30年ぶりだそうです。中には生ゴミとして回収した食用油や、皮革品製造業者が捨てた油脂などから油を精製した違法業者もおり、下水油は学校給食や庶民の屋台街「夜市」にも流通し、相当量が消費されたとみられています。

違法業者の社長(32)ら6人は既に現地の警察当局によって拘束され、購入が判明した企業は5日に相次いで記者会見を開き、商品の回収などを発表しています。

胸ニキビ クリスタルモーション

CHAGEがASKAにメッセージ

覚せい剤取締法違反(使用、所持)罪などで、「CHAGE and ASKA」のASKA(本名宮崎重明)被告(56)に懲役3年、執行猶予4年の判決が下った事を受け、CHAGE(56)は「本当の自分を取り戻す努力をしてほしい」とコメントを発表しました。

CHAGEは5月18日、広島市での公演後、報道陣に「彼には自分を大切にしてほしい」などと語って以降沈黙を待っていましたが、この日午後、自身のホームページに「皆さまへ」と題した文章を掲載。「あの日、僕はASKAに『自分を大切にして欲しい』という言葉をおくりました。僕が知る宮崎重明という一人の男として、きちんと罪を償い、心身の健康を回復し、本当の自分を取り戻す努力をして欲しい。その日が来ることを心から願っております」と、思いを綴っています。

かつてミリオンヒットを連発した人気デュオですが、復帰のハードルは低くありません。ASKA被告は現在、入院先の病院で最先端の薬物依存治療法「条件反射制御法」を受け、来月頭にはリハビリ施設に移って13カ月間の治療を受けるとみられますが、薬物は再犯の確率が高く、田代まさしの例もあります。それに、常習性や相次ぐ愛人の発覚で、イメージダウンはかなり深刻な様子。